HOME

図書館は知識を求めるために誰でもが利用できる公共施設であり、学校図書館は子どもたちが本の楽しさ知り、
読む力を養う重要な居場所です。
しかし、本当に楽しく、自分の本棚のように有意義に活用できているのでしょうか。
公共図書館の運営を民間委託する自治体は増加しており、その形態はPFI、指定管理、一部業務委託と様々です。
ハコモノとしての耐用年数の限界が迫り、複合施設などの新図書館構想も数多く見受けられます。
また、学校図書館法の改正により、学校司書の配置が努力目標となったことで学校司書が常駐する自治体も
徐々に増えてはいますが、まだまだ不十分です。
子どもたちと本の出会いを繋ぐ大切な役割はどのように進めるべきなのでしょうか。
これまでの知識(記憶)に基づく思考ではなく、利用者ニーズに向き合うために 知恵(創意工夫)を絞って、
皆が通いたくなる図書館づくりのお手伝いをすることが私たちの仕事です。